当特許事務所の特長について

特許出願に慣れた企業様へ

1.特許事務所に対するご不満を解決し、ニーズにお応えします。

たとえば、スペックの内容がインタビューで打ち合わせた内容と異なる、納期が遅い、コストが高い(特に、スペックをデッドコピーした補正書でタイプ代を請求される)などのご不満の他、貴社が特許事務所に対して有するご不満を解決し、お客様のニーズにお応えします。

2.無資格者にクレーム(特許請求の範囲)を起草させることはありません。

ベテラン弁理士の山村自身が直接、発明者様や知財担当者様とインタビューを行い、クレームを作成し、その内容を入念にチェック致します。したがいまして、良質のクレーム、スペックをご提供できます。

3.正確な表現で無駄な拒絶理由が発生するのを防止します。

近時、特許庁の36条関連の審査が厳しくなっておりますが、弊所では、36条関連の拒絶理由通知をうけることが少なく、無駄な拒絶理由の発生を防止することができます。
弊所は、国内外の特許において「最も表現が難しい」と云われている「物」についての発明(国際特許)を得意としており、言葉では表現し難い物の形状を正確に表現致します。

→特許のページに戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。