知的財産の支援制度について

 産業の基盤を担う中小、ベンチャー企業の知的財産を支援することは、日本の国際的な競争力にとって重要であり、国家戦略として推進されています。

 そのために、主に中小企業やベンチャー企業を支援する知的財産に関する支援制度が設けられています。

 しかし、各団体ごとに支援制度の公表を行っているため、利用できる支援制度を探しにくくなっております。

 主な支援制度を表にまとめましたので、ご活用下さい。(クリックすると各団体のページに移動します。)

 大阪府では、大阪府立特許情報センターを中核に、「大阪府知的財産戦略指針」に基づき、大阪の産業の高度化や新産業の創出を支援しています。

 

・審査請求料や特許料の減免猶予の措置がなされます。(特許庁)

・特許出願に関する先行技術の調査が支援されます。(特許庁)

・外国の特許出願費用が助成されます。(東京都中小企業振興公社)

・中小企業と弁理士との出会いの場を提供しています。(東京都中小企業振興公社)

・東京都の中小企業の先行技術調査を助成しています。(東京都中小企業振興公社)

・知的財産の活用に要した費用を助成しています。(横浜市)

・川崎市の知的財産施策の一覧のページです。(川崎市)

・特許権の取得費用を助成しています。(千葉市産業振興財団)

 

 

 

特許のページに戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。