> > 特許出願に必要な書類

特許出願に必要な書類について

特許出願に必要な書類と、特許事務所に依頼する場合の簡単な評価方法について説明します。

 


願書

 願書には、出願日、発明者、特許出願人の住所(居所)と名前、弁理士の名前や住所(居所)などが記載されます。

 発明者の欄には、発明を完成させた人が記載されます。複数人が協力して完成させた発明である場合は、発明者も複数となります。

 特許出願人は特許権が得られた場合に権利者になる人を記載します。

>評価方法 : 発明者が権利者になるのではなく、出願人が権利者となる点にご注意下さい。

  


明細書

 明細書には、当業者が発明の内容を実施できるように十分かつ明確に記載します。

 明細書の主な部分としては、発明の名称・技術分野・背景技術・発明の開示・図面の簡単な説明・符号の説明などがあります。

>評価方法 : 明細書を評価することは大変難しいことなので、技術的に間違ったことが記載されていないかのチェックを行うのが良いでしょう。

  


特許請求の範囲

 特許請求の範囲には、発明を定義する文を記載します。発明の定義に必要な構成要件だけを記載します。

>評価方法 : 最も重要な書面であり、特許請求の範囲の余計な限定によって権利範囲が狭くならないように注意すべきです。例えば、コイルスプリングと限定した場合は、その部分に板バネを使用したものは発明に含まれなくなりますのでご注意下さい。

  


図面

 大半の特許明細書では図面を参照して発明を説明します。

  


要約

 発明の内容を簡潔に説明するための要約文です。

>評価方法 : 特許の定義に重要な意味を持ちませんので、無視しておくのが得策です。

 

 

 

→山村国際特許事務所(大阪)トップに戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。